お葬式の後に行われる法要には何があるか

多様化するお葬式について
1週間と言えば7日です。長いと感じることもあればあっという間と感じる人もいるでしょう。今では10日や5日などが計算しやすくてきりのいい日になりますが、1週間は7日ごとに区切られています。週休2日の場合は5日働いて2日休むことが多いので分かりやすくなっているかもしれません。その他にも7日がキーポイントになっていることがあります。

お葬式を終えてからいろいろなことが行われますがそれらは7日を基準にして行われるとされます。まず初七日法要があります。今は厳密に7日目に行うのではなくて葬儀の日に行うのが一般的になっています。仏教の考えで、7日ごとに忌み日があり、その日に故人を供養するとされています。四十九日法要はそれが7回目の儀式で、比較的大きな式として知られています。

四十九日法要はよく知られていますが最近は三十五日法要がよく知られるようになっています。葬儀から約1箇月後に行われることからわかりやすいのが良いのかもしれません。法事は何事も過ぎてから行うのではなくその日の前に行うことが多くなっています。早めに行われているときはその地方では35日で忌明け法要を行うことを知っておけばよいでしょう。どちらでも問題はありません。

注目情報