葬式のスタイルの色々

多様化するお葬式について
お葬式と言うと、昔は其の家でお坊さんを呼んで行いました。しかし、現在は家も新興住宅となり、密集した住宅となってしまったので、昔のような葬儀をすることが出来ません。さらに、車などを置くにも迷惑がかかるとして、現在は葬儀場で行うのが一般です。そんな葬式ですが、今は多くの人が来るような昔の一般葬のようではなくなり、コンパクトな葬儀で行うのが多くなりました。それが家族葬で、親しい人や身内とで行うスタイルになってきました。

その背景には、核家族化という物と高齢化社会という物もあります。ひととのつながりも薄くなってきたという事から、葬儀も小さくするスタイルが一般的になりつつあります。また、葬儀費用がこれまでかかっていたので、できるだけ費用を抑えた葬儀をしたいというのが遺族の希望でもあります。ゆえに、今の葬儀スタイルも大分変りました。今では、一般葬儀に家族葬に自然葬、密葬に直葬である火葬葬儀と言ったスタイルに分けられるようになりました。

また、葬儀という物を知るためには、現在はセミナーなどを開催している葬儀屋もあります。色んな事に備えて知る事、それが今の人のスタイルでもあります。さらに、わからないことは葬儀屋も応えてくれますから、疑問に思った事は聞いてみると良いでしょう。

注目情報