新しい葬式の形「家族葬」について

多様化するお葬式について
お葬式の新しい形として最近注目されているのが「家族葬」です。家族葬とは、故人の家族や親せき、ごく親しい友人のみで行うお葬式のことで、従来の一般的なお葬式よりも小さな規模で行うことが多いです。このような家族葬の需要が増えている現状に伴い、全国には家族葬を行うための会場が数多く建てられています。これらの会場は、とてもきれいで快適だと好評です。家族が宿泊するための個室や、シャワーなども完備されていて、まるでホテルのようだと言う方もいます。

家族葬の良いところは、故人との別れの時間をゆっくり過ごすことができるところでしょう。従来の葬儀ですと、やはり多くの弔問客への対応に追われて、あまりゆっくりと悲しむ余裕がないというケースも多いです。家族葬だと、そういった必要が無いので、最期の時間で故人との思い出を振り返ったり、家族でゆっくりとした時間を過ごすことができます。また、家族葬が人気の理由の一つには、経済的なこともあるでしょう。一般的な葬儀よりも、家族葬の方が規模が小さく、費用の負担も少なくて済みます。故人が残された家族に負担をかけたくないという思いから、自ら家族葬を望むことも多いようです。このように、今はそれぞれに葬儀の形も選ぶことができるようになっているので、一度自分や家族の葬儀についても考えてみると良いでしょう。