お葬式を行う時大安や仏滅は気にするか

多様化するお葬式について
六曜と呼ばれる日が決められています。カレンダーを見ると日付の部分には何やらいろいろな言葉が書いてあります。記念日が書かれていることもあれば有名人の誕生日などが書かれていることがあります。それらのほかに書かれているのが六曜です。よく言われるのは大安であったり仏滅などです。それ以外にもいくつかの種類があり気にすることもあります。

お葬式を行う時はある日だけ避けるようにした方がいいとされています。それは友引です。では大安や仏滅などはどうかです。大安は1日中吉となる日です。仏滅は1日を通して凶となっている日です。お祝い事でもないですし、凶の日に何かをするのに抵抗を持つことがあります。しかし実際のところは特に気にする必要はないとされています。

葬式以外の法事の場合には気にする日はあるかです。葬儀は友引はしない方が良いとされていましたが、それ以外の法事は特に問題はないとされています。葬儀が行われない分、僧侶などに依頼をしやすくなります。ですから友引を選ぶこともあるようです。火葬場などは友引の時に休みになることがありますが、法事を行える場所は休みなく利用できることが多いので、気にせずいろいろな日に行うようにします。

注目情報