多様化するお葬式について

多様化するお葬式について

多様化するお葬式について
近年、お葬式の形はとても多様化していると感じます。昔はお葬式といえば、たいてい故人が住んでいた地域のお寺などで行うのが一般的でしたよね。親戚だけでなく、地域の人が手伝いに来てくれたり、友人なども多く参列していたでしょう。今でも、とくに地方では、変わらずお寺で地域の人が手伝ってくれるような形でお葬式を行っている地域もあります。しかし都市部などでは、民間の斎場でのお葬式や家族のみで葬儀を行う「家族葬」などが増えています。

これらの理由としてはいくつかのことが考えられますが、一つは経済的な理由も大きいと思います。お葬式には多額の費用がかかりますが、お寺だと事前に明確な費用がわからないことが多いです。住職さんにはお金のことを聞きにくいとこともあります。その点、一般の民間斎場だと葬儀の料金が祭壇・花・食事代など、あらかじめわかりやすく提示されているので料金的にはわかりやすいです。また、故人があまり大きな葬儀を希望していないという場合は、近親者のみで家族葬を行うことも多いです。家族葬は、弔問客が少ない分ゆっくり過ごすことができますが、後で故人の友人などから「連絡してほしかった」と言われたりすることもあるので、注意も必要です。

注目情報